神の依り代 と言われる大麻


国産大麻手績み糸 ショール
国産大麻手績み糸 ショール

大麻は神代の頃より 穢れを祓う神聖な植物として用いられ、神道や日本人の生活に深く根差していました。

これからの時代、安全で無尽蔵な天然資源として様々な恩恵を与えてくれる

ことでしょう。

 

野州麻の精麻から糸を作り(手績み・てうみ)、ショール・アクセサリー等

を制作しています。

他にもイタリアヘンプ(機械紡績)で、その特徴を活かした綾織りのショールも織っています。

 

大麻の布を作りたくて、織り・草木染め・外国産ヘンプの紡ぎを数年前に

始めましたが、国産大麻の糸がないことに、しばらくしてから気が付きま

した。

大麻の繊維をつなぐ(績む・うむ)という技術を継承されている方が少ない

ということです。 

そこで、栃木と徳島で糸の績み方を学び、試行錯誤を繰り返し、織りおり

独自の績み方・撚り方で、大麻の手績み糸が出来上がりました。ちくちくした感じをなくすため、固い繊維やごみ、また弱い繊維も極力取り除いています。特徴としましては、つなぎ目が目立たず、わずかな伸縮性が出ましたので、

強いテンションを必要とする織りの経糸にも使えます。また手績み糸ならではの光沢があります。

 

ショップでは、手績み糸・アクセサリー・ショールなどをご用意

いたしました。

 

 ✳︎ご希望の方に、手績み糸サンプルを無料でお送りしております。

こちらよりお申し込み下さい。

 

 

                            どうぞごゆっくりご覧ください

画像をクリックしていただくと拡大表示できます

    

       

                   制作過程 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 精麻から 糸が出来るまで

精麻(野州麻)から糸へ
精麻(野州麻)から糸へ

写真(左)が、精麻という大麻の茎の表皮を取り除いたものです。

種まきから始まり、刈り取り・湯通し・発酵・表皮を取り除く麻ひきといった工程があります。

 

織りおりでは、ここからの作業となります。

精麻を米ぬかや日本酒で炊き乾燥させ、その後 写真(中)のように繊維を細く絡まないように裂いていきます。ここでごみや硬い繊維・弱い繊維を丁寧に取り除きます。

最も神経を使う作業です。


上で裂いた繊維の向きを一定方向につなぎ(績み)、車輪を回し糸を撚ります。

足踏み式の紡ぎ車を使っているので、繋ぎながら撚りをかけていくことができます。

 

織りおりの糸は、右上螺旋になるように撚りをかけています。

 

出来上がった糸を、お湯に清酒をいれたお鍋に浸しておきます。何か自然なもので、しなやかさが少しでも出るように色々と試してみましたら、日本酒が有効でした。酵素の働きでしょうか。

そして最後に、薄めのふのりをかけ 撚り止めをします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

糸から製品へ

平織り
平織り

 

織っていると、清浄さを感じます。

たて糸が切れることはありません。

湿度に応じて、霧を吹いて織ると、ムラなく

織れます。


丸台を使っての組紐
丸台を使っての組紐

 

一つの糸巻きにつける本数が少ないためか、

台に当たる部分で糸の撚りがゆるくなってしまいました。そこで台の縁にフェルトをつけると、きれいに組むことが出来ました。


二本取りでマクラメ編
二本取りでマクラメ編

 

天然石を入れながら、平編みの繰り返しで、

ブレスレットを作っているところです。

結び目が緩むことなくしっかり結べます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━